土地活用コラム プロがそっと教える「土地活用」のホントの話。不動産評論家が、オーナーのためになる経営ノウハウ、最新情報を語ります。

Home > 土地活用コラム > 賃貸経営全般に関して > 賃貸併用住宅の建築費、相場はどのぐらい?

2017.05.22更新

賃貸併用住宅の建築費、相場はどのぐらい?

PHOTO

自宅の一部を賃貸用の住戸にして貸し出す「賃貸併用住宅」が注目されています。ある程度条件を満たしている必要はありますが、アパートローンよりも金利の低い住宅ローンを利用して建てることができて、その返済には家賃収入を充てることができる点が魅力です。賃貸併用住宅を建てる場合、どの程度の建築費がかかるのでしょうか? おおよその目安についてお伝えします。

賃貸併用住宅の建築費はマイホームの1.5~2倍

建売の賃貸併用住宅はないため、マイホームを賃貸併用住宅にする場合はもれなく注文住宅を建てることになります。そもそも注文住宅は、自分の判断で予算をコントロールできるという特徴はありますが、同じような仕様の建売住宅と比べて割高になるケースが多いです。
さらに賃貸併用住宅の場合は、自宅部分に加えて賃貸用の住戸の数だけ玄関や階段、風呂、トイレ、ガスや電気、エアコンなどの設備や配管が必要になるため、その分の費用がかかることになります。
賃貸併用住宅の建築費は建てる地域や仕様、住戸数などによって変わってくるため明確にいくら程度とは言いづらいですが、同じ敷地内に一般的なマイホームを建てる場合のおよそ1.5~2倍かかるケースが多いようです。

業者選びでも建築費は変わってくる

賃貸併用住宅を建てる場合、一般的にはハウスメーカーか工務店に依頼することになります。同じような仕様の賃貸併用住宅を建てる場合、工務店よりハウスメーカーのほうが価格は高くなる傾向があります。
ハウスメーカーは、建材などを大量に生産したり仕入れたりすることができるため材料費や施工費を抑えられるのですが、その一方で住宅展示場をはじめとした広告宣伝費や研究開発費などに多額の費用をかけています。ハウスメーカーに発注した場合の価格にはこうした経費分も上乗せされることになるため、工務店と比べて価格が高くなるのです。
一方で、ハウスメーカー独自の建材や工法は、もちろんそのハウスメーカーに依頼した場合にしか使えません。アフターサービスなども大手のハウスメーカーは工務店に比べて充実した内容になっているケースが多いでしょう。
建築費だけに注目するのではなく、総合的に判断して発注する業者を選ぶのが大切です。

住宅ローンを利用するには自宅部分の割合が重要

賃貸併用住宅を建てる大きなメリットは、住宅ローンを利用できる場合があることです。住宅ローンは、アパートローンに比べて金利が低く、金利タイプ(固定・変動)を選べるのが特徴。賃貸併用住宅の経営がうまくいけば、賃料収入でローン返済ができるため家計にゆとりが生まれます。
ただし、住宅ローンはマイホームを購入するためのローンです。賃貸併用住宅の場合、建物の床面積の50%以上が自宅スペースになっていなければ住宅ローンを利用して建築することができません。例えば1階部分を自宅に、2階部分を賃貸スペースにといった割合なら住宅ローンの利用が可能です。間取りを考える際にはこの点についてしっかりと考慮しておくことをおすすめします。

お問い合わせ・ご相談・個別相談会のお申し込みはこちら

Page top

© 2008 TERA corporation.